ログイン 
閉じる

赤堀 忍教授

Akahori Shinobu

赤堀研究室のHPへ

氏 名赤堀 忍(あかほり しのぶ)
所 属工学部 建築・土木学群 建築工学科
職 位教 授
専門分野建築設計
授業担当科目建築設計3, 建築設計3A, ゼミナール1, ゼミナール2, 都市デザイン論
授業内容の解説建築設計3:集合住宅の設計。理想的な住戸のスタディとその集合を敷地の制限の中でどう構成していくかがテーマ。
建築設計3A:小学校の設計。理想的な教室、学校内の構成、学校と街との繋がりがテーマ。
ゼミナール2(設計スタジオA):駅の設計。ひとの移動する空間・留まる空間をデザインする。景観の中にどう埋め込んでいくかがテーマ。
都市デザイン論:都市の歴史的な変遷を追いながら今日の都市デザインについて考察していく。
オフィスアワー月曜日夕方
学 歴1980.芝浦工業大学大学院 修了
1988.パリ・ベルヴィル建築学校 卒業
取得学位1980.修士
1988.DPLG
職 歴1980‐83.小宮山昭+アトリエR
1988‐00.アトリエ・アカホリの後、アトリエACD
2000-.芝浦工業大学
主な著書Albums de la Jeune Architecture 90フランス建設省 1990
Willem & 8 junge französische Architektur Aedes Galerie 1998
三宅理一他編:『近代建築遺産の継承』、鹿島出版会、pp.2-22、2004
「建築家って」日刊建設通信新聞社、2008年10月、pp.107-112
「フランスの開発型都市デザイン 地方がしかけるグラン・プロジェ」共著、彰国社、2010
主な設計ディヴォンヌ・レ・バン中央幼稚園 フランス(1993)、リール・アルチュール・マルタン小学校 フランス(1997)、パリ12区保育所 フランス(1998)、関西日仏学館 京都(2003)、IT邸 取手(2003)、「ひととロボット」展会場構成 パリ(2003)、「パラレル・ニッポン」展会場構成 東京(2006)、東京国際フランス学園 東京(2012)
研究テーマ社会と建築
研究キーワード公共的価値の構築、都市における自然環境・景観、持続可能性、空間の描写

English

NameAkahori Shinobu
Field of specializationArchitectural planning, Environment planning
Education1980.Shibaura Institute of Technology Master
1988.Ecole d'Architecture Paris Belleville DPLG
Degree1980.Master,1988.DPLG
Research topicsSociety and Architecture
KeywordConstruction of the public value, Natural Environment and the Paysage in the city, Sustainability, Expression of the Space