ログイン 
閉じる

椛山 健二教授

Kabayama Kenji

氏 名椛山 健二(かばやま けんじ)
所 属工学部 建築・土木学群 建築工学科
職 位教 授
専門分野建築構造学,耐震工学
授業担当科目建築構造学の基礎,建築構造解析・同演習,鉄筋コンクリート構造,建築実験2,
建築構造解析特論,他
授業の方針 建築の構造分野に関わる各種の授業を通して,受講生に以下の能力を身につけてもらうことを目指しています。
a) 建築の構造安全性に関わる知識や技術
b) 建築の安全性を評価するセンス
c) 建築の安全性を重視する責任感
d) 建築の要件(美観,機能,安全)を調和させるバランス感覚
オフィスアワー前期:水曜午後,後期:水曜午前
学 歴1991.広島大学工学部 卒業
1993.東京大学大学院工学系研究科 修士課程修了
1996.東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了
取得学位博士(工学)1996年3月 東京大学
職 歴1996.広島大学工学部 助手
2006.芝浦工業大学工学部 助教授
2008.芝浦工業大学 准教授
2012.同 教授
主な著書ひとりで学べる RC造建築物の構造計算演習帳【保有水平耐力計算編】,日本建築センター,2013.6.20
ひとりで学べる RC造建築物の構造計算演習帳【許容応力度計算編】,日本建築センター,2011.7.20
鉄筋コンクリート構造を学ぶ,理工図書,2009.9.28
研究テーマ・建物構造体の減衰評価
・耐震診断のアップグレード
・仮動的実験の高精度化
・石炭灰を活用したRC部材の性能
研究キーワード建築構造,耐震,安全,防災,減災,循環型社会,構造実験,構造解析

English

NameKabayama Kenji
Field of specializationStructural Engineering, Earthquake Engineering
Education1991.Faculty of Eng., Hiroshima Univ.
1993.Master's Program, Grad. School of Eng., The Univ. of Tokyo
1996.Doctoral Program, Grad. School of Eng., The Univ. of Tokyo
DegreeDr. of Eng. (The Univ. of Tokyo, 1996)
Research topics・Damping characteristics of building structures during earthquakes
・Upgrading of the seismic evaluation procedure for existing buildings
・Development of the high accurate pseudo-dynamic test procedure
・Recycling of waste materials into R/C building structures
KeywordBuilding structure, Seismic performance, Safety of structure, Disaster prevention,
Disaster reduction, Recycling society, Structural experiment, Structural analysis